マンガで読める『夢酔独言』

マンガで読める『夢酔独言』

勝海舟の父親・勝小吉の自伝『夢酔独言』がマンガで読めるブログです。

『夢酔独言』 十話 盗んだお金で馬に乗る

 

『夢酔独言』 十話 盗んだお金で馬に乗る

 

  勝海舟の父親・勝小吉の自伝『夢酔独言』の十話目、小吉が12歳の時の話です。

 信州に出張していた兄・彦四郎が帰って来ました。小吉が読み書きもできないことに衝撃を受け、当時最高峰の教育機関であった湯島の聖堂へ、小吉を通わせる彦四郎。しかし、小吉が真面目に塾へ行くはずもありません。

 

f:id:hayaoki6:20181029160036j:image

 


f:id:hayaoki6:20181029160058j:image
f:id:hayaoki6:20181029160101j:image
f:id:hayaoki6:20181029160032j:image
f:id:hayaoki6:20181029160050j:image
f:id:hayaoki6:20181029160043j:image
f:id:hayaoki6:20181029160028j:image
f:id:hayaoki6:20181029160047j:image
f:id:hayaoki6:20181029160108j:image
f:id:hayaoki6:20181029160054j:image

 

 冒頭に出てくる小吉のお兄ちゃんは、男谷彦四郎さん。小吉より25歳年上で、十話現在で37歳です。原作では口やかましい兄として描かれ、登場するたび小吉に困らされています。

 

 十二の年、兄きが世話をして学問をはじめたが、林大学頭の所へ連れ行きやつたが、夫(それ)より聖堂の寄宿部屋保木巳之吉と佐野郡左衛門といふきもいりの処へいつて、大学をおしへて貰つたが、学問はきらい故、毎日々々さくらの馬場へ垣根をくゞりていつて、馬ばかり乗つていた。「大学」五、六枚も覚えしや。

 

 ここでちょっと解説コーナ~。

 「大学頭」とは「だいがくのかみ」といって、林羅山以来、林氏が代々幕府の学問一切について任されていたことを指します。林氏は後にも出てきますが、ざっくり「学問といえば林氏」と覚えておきましょう。「聖堂」とは湯島聖堂のこと。現在では「日本の学校教育発祥の地」と謳われています。こんなすごい教育機関に勉強しに行けたのも、お兄ちゃんの彦四郎さんが、幕府で「祐筆」という、文書を書くことをつかさどった役職に就いていたから。優秀な人なんです。

 「大学」とは東大とか早稲田大とかいった学校のことでなく、儒教経書です。武士の必須科目で、6、7歳で習うのが基本。小吉は12歳で5、6枚覚えるのがやっと、しかも途中で放り出します。

 そんな小吉がサボって遊びに行っていたのが、さくらの馬場」。どこか近所にそういうところがあるんだろうなあと思っていたら、古地図で調べると、すぐ隣りでした。本当に「垣根をくゞりて」遊びに行ってたんですね。

f:id:hayaoki6:20190102230711j:image

別冊宝島『江戸大古地図』より)

 聖堂の左隣に、「桜ノ馬場」があります。

 

 そうして馬に乗って遊んでいた小吉ですが、馬に乗るにもお金が要ります。そこで、お母さんのへそくりに手を出すことに…。

 

  兄きが御代官を勤めたが、信州へ五ヶ年つめきりをしたが、三ヶ年目に御機げん窺(うかがい)に江戸へ出たが、そのときおれが馬にばかりかゝつていて銭金をつかふ故、馬の稽古をやめろとて、先生へ断(ことわり)の手紙をやった。其上にておれをひどくしかつて、禁足をしろといゝおつた。夫(それ)から当分内(うち)にいたがこまつたよ。

 

 この外出禁止は、12歳から13歳の秋まで続きました。

  

 ということで、『夢酔独言』子供編はこれにておしまいです。十一話は、小吉が外出を許された13歳の秋から始まります。

 

 

 

 十一話「婿いじめ」に続きます。

musuidokugen.hatenablog.com

 

九話「頭の息子をボコボコにして泣かす」はこちら。

musuidokugen.hatenablog.com

 

 

 

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村