マンガで読める『夢酔独言』

マンガで読める『夢酔独言』

勝海舟の父親・勝小吉の自伝『夢酔独言』がマンガで読めるブログです。

『夢酔独言』 二話 凧喧嘩で頭がへこむ

夢酔独言』 二話 凧喧嘩で頭がへこむ

 

 勝海舟の父親・勝小吉の自伝『夢酔独言』二話目です。

 主人公の小吉が、5歳の時の話です。

  近所の子供と凧ゲンカをして、負かした小吉。子供同士のケンカになって相手にケガをさせた小吉は、怒った父親に「あたまをぶちやぶられ(原作ママ)」ます。

 

f:id:hayaoki6:20181027085527j:image

 


f:id:hayaoki6:20181027085509j:image
f:id:hayaoki6:20181027085531j:image
f:id:hayaoki6:20181027085524j:image
f:id:hayaoki6:20181027085505j:image
f:id:hayaoki6:20181027085502j:image
f:id:hayaoki6:20181027085534j:image
f:id:hayaoki6:20181027085452j:image
f:id:hayaoki6:20181027085457j:image
f:id:hayaoki6:20181027085517j:image

 

※この頃はマンガの描き始めで、絵が下手なのはしょうがないですが、セリフと枠線もだいぶ汚かったので、書き直しています。

 

 その時は深川のあぶら堀といふ所にいたが、庭に汐入の池が有て、夏は毎日々々池にばかりへはゐつていた。八つ(午後二時)にはおやぢが御役所より帰るから、其前に池より上り、しらぬ顔で遊んでいたが、いつもおやぢが池のにごりているを、利平ぢゝにきかれるとあいさつに困つたそうだ。

 

 この時の小吉の名前は、亀松(かめまつ)といいます。

 男谷の家の庭には海水を引いた池があって、夏には、お父さんが仕事のあいだ、毎日池に入って遊んでいたそうです。 

 冒頭は、亀松が泳いで池がにごるんですが、お父さんが帰るころにはバレないように池からあがるので、帰ってきたお父さんが「どうして池がにごっているのだ」と聞くんですが、用人の利平次は答えられなくて困る、というくだりです。

 

※男谷の家は旗本という、一万石以下、直参(じきさん・将軍家直属の家臣)、御目見え以上の武士でした。用人とは、大名や旗本の家で、庶務、会計などにあたった職の人です。

 

 

 

 男谷家のメンバーはこんな感じ。

 

 ・お父さん:男谷平蔵・・・二話現在50歳

 ・妻:清・・・中風で寝たきり

 ・用人:利平次・・・「利平ぢゝ」と小吉に呼ばれている

 ・家来:女ばかり

 ・亀松

 ・お兄ちゃん(別宅):男谷彦四郎・・・二話現在30歳

 

 小吉(亀松)はお父さんが45歳の時の子供で、長兄の彦四郎さんは、小吉より25歳年上です。

  小吉は妾の子ですが、お父さんの妻を、「本とふのおふくろ」と表現しています。ただ、それぐらい慕っていたとかではなく、立場上当たり前にそう捉えいたのでしょう。

 

 そんな男谷家で、亀松は「毎日々々まがまゝ斗り(ばかり)いふて」、「いたづらのしたいだけして」、「あばれほふだい(放題)」育ちました。 

 

 

 

 亀松が5歳の時、近所の長吉という子と凧喧嘩(たこげんか)をします。凧喧嘩とは、揚げた凧の糸を上空で絡ませ、切る遊び。糸を切られた方が負けです。

 マンガではすさまじいことになっていますが、その顛末は、だいたい原作通りです。

 

  おれが五つの年、前町の仕ごと師の子の長吉といふやつと凧喧嘩をしたが、向ふは年もおれより三つばかりおふきいゆへ、おれが凧をとつて破り、糸も取りおつた故、むなぐらをとつて、切り石で長吉のつらをぶつた故、くちべろをぶちこはして、血が大そう流れてなにおつた。そのときおれの親父が、庭の垣ねから見ておつて、侍を迎によこしたから、内へかえつたら、親父がおこつて、「人の子に疵(きず)をつけてすむか、すまぬか。おのれのよふなやつはすておかれず」とて、縁(縁側)はしらにおれをくゝして、庭下駄であたまをぶちやぶられた。いまにそのきづがはげて、くぼんでいるが、さかやきをする(剃る)ときは、いつにてもかみすり(剃刀)がひつかゝつて、血が出る。そのたび長吉の事をおもひ出す。

 

 一話目、小吉の額に傷跡があったのは、この時付いたものでした。

 

 意外なのは、町人の子と武士の子が一緒に遊んでいること。

 その様子をお父さんが庭の垣根から見ている、というのは、何ともほほえましいです。そのあとでぶん殴るんですけどね。

 

 

 

三話「歳をごまかして養子に入る」に続きます。

 

musuidokugen.hatenablog.com

 

 

 

 一話目はこちら。

 

musuidokugen.hatenablog.com

 

 

 

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村