マンガで読める『夢酔独言』

マンガで読める『夢酔独言』

勝海舟の父親・勝小吉の自伝『夢酔独言』がマンガで読めるブログです。

『夢酔独言』 六話  八人vs四、五十人

『夢酔独言』 六話  八人vs四、五十人

 

 勝海舟の父親・勝小吉の自伝『夢酔独言』の六話目、小吉が9歳の時の話です。

 新しい家が完成して、小吉一家は駿河台から本所へ引っ越します。

 ある時、飼い犬同士のケンカから発展して、8人(小吉ほか武家の子供)対4,50人(町人の子供)の大ゲンカに。

 小吉の弟・鉄朔(てつさく)が登場します。

 

f:id:hayaoki6:20181028225602j:image

 


f:id:hayaoki6:20181028225634j:image
f:id:hayaoki6:20181028225614j:image
f:id:hayaoki6:20181028225643j:image
f:id:hayaoki6:20181028225606j:image
f:id:hayaoki6:20181028225648j:image
f:id:hayaoki6:20181028225610j:image
f:id:hayaoki6:20181028225628j:image
f:id:hayaoki6:20181028225622j:image
f:id:hayaoki6:20181028225618j:image

 

 7歳まで深川油堀の男谷家に住んでいた小吉ですが、本所に新しい家を建てて引っ越しました。小吉が婿養子に入った勝家は、お姑さんと孫で許嫁のお信しかいないので、男谷家でいっしょに暮らします。

 

 おれは毎日々々そとへ斗り(ばかり)出て遊んで、けんくわ(ケンカ)ばかりしていたが、或時亀沢町の犬が、おれのかつておゐた犬と食い合つて、大げんくわになつた。

 

 小吉の弟・鉄朔の唯一の登場回です。

 原作によると、小吉勢は上が14歳、末が7歳の8人で、亀沢町勢と緑町の子供4、50人との大ゲンカになりました。後半は大人も加わって、脇差は抜くわ、なかなかの凄まじさです。

 二話目の凧ゲンカの時同様、お父さんが小吉たちの起こした騒ぎを見ていて、兄弟で押し込めにあいます。

 

 ちなみに、小吉は父親の平蔵が45歳の時の子で、長兄の彦四郎とは25歳年が離れていました。

 

その時おれがかけ付て、弁次のみけんを切つたが、弁次めがしりもちをつき、どぶのなかへおちおつた故、つづけうちにつらを切つてやつた。前町より子供のおやぢがでゝくるやら、大さわぎさ。(中略)そのさわぎを、おやぢが長屋の窓より見ていて、おこつて、おれは三十日斗り(ばかり)目通(めどおり)止られ、おしこめにあつた。

 

七話「寒稽古で吊るされる」に続きます。

musuidokugen.hatenablog.com

 

五話「百物語・肝試し」はこちら。

musuidokugen.hatenablog.com

 

 

 

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村