マンガで読める『夢酔独言』

マンガで読める『夢酔独言』

勝海舟の父親・勝小吉の自伝『夢酔独言』がマンガで読めるブログです。

『夢酔独言』 三話 歳をごまかして養子に入る

『夢酔独言』 三話 歳をごまかして養子に入る

 

 勝海舟の父親・勝小吉の自伝『夢酔独言』三話目です。

 小吉が7歳の時の話です。

 男谷家から勝家に養子に行くことになった小吉。しかし、養子に入るには、元服の年齢に達していないといけません。そこで男谷家は、7歳の小吉を17歳に偽装することにします。

 

f:id:hayaoki6:20181027085755j:image

 


f:id:hayaoki6:20181027085742j:image
f:id:hayaoki6:20181027085808j:image
f:id:hayaoki6:20181027085804j:image
f:id:hayaoki6:20181027085759j:image
f:id:hayaoki6:20181027085739j:image
f:id:hayaoki6:20181027085731j:image
f:id:hayaoki6:20181027085735j:image
f:id:hayaoki6:20181027085751j:image
f:id:hayaoki6:20181027085746j:image

 

  末期養子については、マンガにある通りです。

 小吉(男谷家)は頭(上司)を騙しているわけですが、判元見届けという、いわゆる身元確認の段取りは江戸後期には形骸化していたようで、上司も歳をごまかしていることに対して、冗談を言って返します。

 

…頭が、「年は幾つ。名はなんといふ」ときゝおつた故、「小吉。年は当十七歳」といつたら、石川が大きな口をあゐて、「十七にはふけた」とてわらいおつた。

 

 許嫁のお信はこの時5歳。お姑さんは、信の実の祖母です。

 小吉は男谷家から勝家に養子入りしましたが、

 

…不残(のこらず)深川へ引取り、親父が世話をしたが、…

 

とあるように、実態は、信とお姑さんを男谷家で引き受け、小吉は今まで通り暮らしたようです。

 

 後半の、信とお姑さんのやりとりはフィクションです。

 

 

 

 四話「あわや切腹」に続きます。

musuidokugen.hatenablog.com

 

二話「凧喧嘩で頭がへこむ」はこちら。 

 

 

 

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村