マンガで読める『夢酔独言』

マンガで読める『夢酔独言』

勝海舟の父親・勝小吉の自伝『夢酔独言』がマンガで読めるブログです。

『夢酔独言』 九十二話 怖くって名も呼べぬ

『夢酔独言』 九十二話 怖くって名も呼べぬ

 

 吉原の仮宅にて銭座(鋳銭所)の息子とケンカになり、店の2階から息子を放り投げた小吉。銭座勢一同が長鉤を持って押し寄せて、大ゲンカがスタートします。

 長鉤を持った30人に対し、刀を抜いて互角に闘う(本人談)小吉ですが、脚気をわずらった足が痛みます。

 

f:id:hayaoki6:20190105191543j:image

 


f:id:hayaoki6:20190105191533j:image
f:id:hayaoki6:20190105191551j:image
f:id:hayaoki6:20190105191540j:image
f:id:hayaoki6:20190105191600j:image
f:id:hayaoki6:20190105191537j:image
f:id:hayaoki6:20190105191554j:image
f:id:hayaoki6:20190105191607j:image
f:id:hayaoki6:20190105191604j:image
f:id:hayaoki6:20190105191547j:image

 

 今回のお話は、ほとんどフィクション演出です。ただただ小吉が、銭座の皆さんと叩き合ってるだけ。

 はやおきはアクションシーンが好きなのです。巧いかどうかは別として…。

 

 原作該当箇所は以下の通りです。

 

…熊を二階から下へなげ出してやったが、其時銭座の手代が二、三人来て、熊を連て帰たが、少し過ると三十人斗り(ばかり)長かぎで来て、佐野槌屋をとり廻(ま)いたから、おれがはだをぬいでじゅばん壱つ(ひとつ)で、高もも立を取て飛び出して、たたき合たが、…

 

  今回は試みに、原文の旧仮名遣いの部分を現代風に変えてみました。

 送り仮名を足したりマイナー漢字を常用漢字にするだけでも、もっと読みやすくなるとは思うのですが、試しに送り仮名を足してみると、むちゃくちゃまどろっこしく感じるんですよ!いつもはしょってるから!

 

(原文)…熊を連て帰たが、少し過ると、…

 

(アレンジ)…熊を連れて帰ったが、少し過ぎると、…

 

 それに、すごくフツーっぽい文章に見えてしまう…。

 

 

 

 今日の解説コーナー。

 

・山の宿の女郎屋「佐野槌屋

天保八年の大火で吉原が焼けて、仮の見世を山の宿で営業していたのが佐野槌屋です。小吉の行きつけの見世でした。

・手代(てだい)

→時代劇でよく聞く単語。商家の万事を取り仕切るのが番頭、次のポジションが手代、雑用係が丁稚(でっち)でした。

 ちなみに「丁稚」と「でっち上げ」の間には、何の関係もないそうです。

・高股立(たかももだち)

→袴の両端の切れ込み部分を帯にはさんでたくし上げ、動きやすくした状態。

脚気(かっけ)

→ビタミンB1不足により、足が痛んだり、だるくなる病気。「江戸患い」とも呼ばれ、小吉もかかっていた。

・小吉の服

→本人はカッコいいと思って着ているが、はやおきはそのセンスを微妙と思い始めた。

・アクションシーン

→テキトウだから原理とかを真に受けてはいけない。

 

 

 

 九十三話「直に戻って来おるぜ」に続きます。

 

musuidokugen.hatenablog.com

 

 

 

 

にほんブログ村 漫画ブログ 歴史漫画へ
にほんブログ村