マンガで読める『夢酔独言』

マンガで読める『夢酔独言』

勝海舟の父親・勝小吉の自伝『夢酔独言』がマンガで読めるブログです。

『夢酔独言』 一話「檻の中の父親」

  勝海舟の父親・勝小吉の自伝『夢酔独言』より。

 

 慶応四年(西暦1868)、江戸・薩摩屋敷にて、新政府軍江戸総攻撃を止めさせるため、西郷隆盛との交渉に臨む勝海舟

 その46年前、海舟の父親・勝小吉(21歳)は、海舟を身籠る妻から引き離され、檻に入れられていた。理由は、江戸で喧嘩三昧の悪行を重ねた挙句、遠州掛川まで家出して勝家を潰しかけたから。

 教科書に載っている息子より危険で激しい(かもしれない)父親の物語、スタートです!

 

f:id:hayaoki6:20200308193653j:image

 

f:id:hayaoki6:20200224175642j:image
f:id:hayaoki6:20200224175639j:image

f:id:hayaoki6:20200309224241j:image
f:id:hayaoki6:20200228194105j:image

f:id:hayaoki6:20200309224257j:image
f:id:hayaoki6:20200229185935j:image

f:id:hayaoki6:20200301194313j:image
f:id:hayaoki6:20200301194316j:image

f:id:hayaoki6:20200307204114j:image
f:id:hayaoki6:20200307204117j:image

f:id:hayaoki6:20200308192356j:image
f:id:hayaoki6:20200308192404j:image
f:id:hayaoki6:20200308192401j:image

 

 

 

 冒頭のくだりは、有名な勝海舟西郷隆盛江戸無血開城に至る会談の場面です。

 一連のシーンの描写は、勝海舟の発言をまとめた本『氷川清話』の一節を元にしています(引用ははやおきによる現代仮名遣い)。

 

 当日おれは、羽織袴で馬に乗って、従者を一人連れたばかりで、薩摩屋敷へ出掛けた。まず一室へ案内せられて、しばらく待っていると、西郷は庭の方から、古洋服に薩摩風の引つ切り下駄を履いて、例の熊次郎といふ忠僕を従え、平気な顔で出て来て、これは実に遅刻しまして失礼、と挨拶しながら座敷に通った。その様子は、少しも一大事を前に控えたものとは思われなかった。

 

 また、西郷の見た目について、勝海舟

 西郷というと、キツそうなをしていたように書かぬと人が信じないから、ああ書くがね、ごく優しい顔ったよ。アハハなどと笑ってネ、大人しい人だったよ。

 と語っています。

 

 

 

 一方、時はさかのぼって、文政五年(西暦1822年

 

 檻に入れられているのは、『夢酔独言』原作者兼主人公勝小吉(かつこきち)

 彼のフルネームは「勝左衛門太郎惟寅(かつさえもんたろうこれとら)」、1802年生まれの21歳です。「小吉」は通称です。

 妻・信(のぶ)が身ごもっているのに、夫である小吉は何故か檻の中です。

 

 

 

 一話目なので、思わせぶりなシーンをつないであるんですが、だいたい原作通りです。

 

 

 

 小吉はなぜ檻に入れられているのか?

 字が読めないのにどうやって『夢酔独言』を書いたのか?

 額の傷の原因は?

 

 読めばわかるさ!

 

 

 

 6ページから出てくる登場人物の皆さんを紹介しておきます。

 

男谷彦四郎(おだにひこしろう)…小吉の兄(1コマ目)

遊(ゆう)…彦四郎の妻で、小吉の兄嫁(1コマ目)

お婆様…小吉の姑で、妻・信の祖母(6コマ目)

 

 

 

  原作『夢酔独言』では、物語は小吉が生まれるところから始まっています(引用ははやおきによる現代仮名遣いです)。マンガでも、ほぼ原作通りの内容を引用しています。

 

 おれほどの馬鹿な者は世の中にもあんまりあるまいと思う。故に孫や曾孫のために、話して聞かせるが、よくよく不法者、馬鹿者のいましめにするがいいぜ。おれは妾の子で、母親が親父の気に違って、お袋の家で生まれた。

 

 

 

    長らくネームばかり載せていた「マンガで読める夢酔独言』」ですが、一話のペン入れが、ようやく完了しました。

    はやおきが初めて原作の『夢酔独言』を読んでから、苦節3年…(以下略)

    これからパソコンを仕入れて、デジタルツールでもってトーン貼り作業や、セリフの活字入力をしていきます。

    されども、それはまだ先の話。

    幸いにも、知り合いの方にパソコン使いの方がいらっしゃいまして、活字入力をしていただけることになりました。やったー!

    という訳で、ぼちぼちと、若干画面は白っぽいですが、綺麗で読みやすいマンガ『夢酔独言』を公開していきたいと思います。公開は、活字入力が出来次第です。いっぺんに更新すると、ブログの更新頻度が月2回とかになっちゃうので…。

    1話分の公開が出来たら、解説文を加え、ネームの記事と差し替えます。

 

追記:1話分を公開したらネーム記事と差し替える予定でしたが、あっちこっちリンクを貼ったりしているため、とりあえずそのままで置いておくことにしました。