マンガで読める『夢酔独言』

マンガで読める『夢酔独言』

勝海舟の父親・勝小吉の自伝『夢酔独言』がマンガで読めるブログです。

時代劇漫画の描き方(自分用メモ)

 2019年の冬休み、いよいよ超面白いマンガ『夢酔独言』のペン入れを開始した『夢酔独言』専門漫画家のはやおきです。

 

 この記事は、今までテキトウに描いていた時代劇作画についてのあれこれを調べ、ついでにブログのネタにすることで、皆様に還元しようという企画です。あくまではやおき調べなので、「何か描いてるな~」程度に捉えてくださいませ。

 

 随時更新。新しいのが上に来ます。

 

 

・瓦屋根

f:id:hayaoki6:20200330181257j:image

  時代劇に欠かせない、瓦屋根の構造です。

 数年前撮影した写真から割り出した図解なので、完全に正確とは言えませんが、瓦屋根を描く時の基準にはできそうです。

屋根と壁の継ぎ目に自信がないときは、黒く影を塗って誤魔化しましょう。

  

 

 

 ・日本髪

f:id:hayaoki6:20200103191751j:image
f:id:hayaoki6:20200103191754j:image

  幕末・明治時代の写真を見て描いてはいるものの、構造はまったく分かっちゃいなかったので、描き方本も見て勉強しました。とはいえ、細部はやっぱり分からんなぁ…。

 今回分かったのは、お団子部分の処理です。

 

 

 

・羽織の紐の結び方 


f:id:hayaoki6:20200101225936j:image

f:id:hayaoki6:20200101225932j:image

f:id:hayaoki6:20200101230003j:image
 幕末・明治時代の写真を見るに、羽織の紐は、蝶結びではありません。2本の紐をひとまとめにして、輪をつくって結んでいます。

 荷紐で実際結んでみましたが、白くて全然分からないので、線画も描きました。はやおきが左利きのため、結び目が通常と違っているかもしれません。

 写真は我らが息子、勝海舟(『勝海舟関係写真集』より)です。

 

 

 

 ・袴

f:id:hayaoki6:20191229192950j:image
f:id:hayaoki6:20191229192946j:image
f:id:hayaoki6:20191229192942j:image

  意外にも、1500ページも時代劇漫画を描いておいて、1回もちゃんと調べなかった袴の構造。だって難しそうなんだもの。とはいえ、清書するのに知らないままでは困るので、この度調べました。

 まずは幕末・明治時代の写真から、当時の袴をスケッチ。それから着物の描き方本で、構造を確認しました。

 袴ってスカートみたいな形で中に区切りがあると思ってたんですが、ズボンみたいに二股に分かれてるんですね。で、フロントには5つのヒダがある。そんで、動かすとシワが伸びて…あとは図にした通りです。

 3枚目は、それらを踏まえて描いたものです。それっぽくなったでしょう?

 袴には両サイドにスリットがあって(そこは知ってるので詳しく図解してないですが…)、ポケットみたいに手を入れてる人も、資料写真の中に何人かいました。

 

 

 

 ・馬

f:id:hayaoki6:20191227223021j:image
f:id:hayaoki6:20191227223025j:image

  『夢酔独言』で馬と言えば、小吉の好きな動物であり乗り物。八話目でメインで登場するのですが、その時はいい感じに描けず不満でした。

 一話目の冒頭にもちょっと登場するしということで、骨格とか筋肉とか馬具の具合を調べました…が、一話目には足元3センチぐらいの全身図お尻しか映らない…まぁいいか…。

 馬具の詳細は結構あやふやです。のめり込んでずっと調べてたので、これ以上馬具に頭を使ったら、脳みそがバグりそうだったので。

 浮世絵とかでは、現代のサラブレッドと同じようにスラっと描かれていますが、実際は小さくてずんぐりとした体形だったようです。

 


f:id:hayaoki6:20191229193033j:image

f:id:hayaoki6:20191229193030j:image

↑こちらは勉強したのを踏まえて描いた絵です。右側は、2ヶ月前に描いたもの。

 

 

猛獣小吉

※このページはカラーイラスト収納場所です。

 

 

 

f:id:hayaoki6:20200318220941j:image

 猛獣小吉(2020,3,18)

 

 「猛獣注意」の看板的な小吉です。

 手元にある江戸時代の絵本で、輪郭線より黒ベタが濃いものがあって、主線をグレーにしたら浮世絵っぽくなるぜ!と思ってそうしました。

 縄は8割程度の厳格さで描くと、それっぽく見えると学びました。ガチガチに描こうとすると、不自然になります。

 元の絵には手が入ってなかったんですが、手がないと縛られて喜んでるみたいだったので、手を付け足しました。

 

 

 

  ※続きは、過去の一枚絵です 。

続きを読む

『夢酔独言』 一話「檻の中の父親」

  勝海舟の父親・勝小吉の自伝『夢酔独言』より。

 

 慶応四年(西暦1868)、江戸・薩摩屋敷にて、新政府軍江戸総攻撃を止めさせるため、西郷隆盛との交渉に臨む勝海舟

 その46年前、海舟の父親・勝小吉(21歳)は、海舟を身籠る妻から引き離され、檻に入れられていた。理由は、江戸で喧嘩三昧の悪行を重ねた挙句、遠州掛川まで家出して勝家を潰しかけたから。

 教科書に載っている息子より危険で激しい(かもしれない)父親の物語、スタートです!

 

f:id:hayaoki6:20200308193653j:image

続きを読む

2020年3月に描いた絵

 2020年3月に描いた、ペン入れした絵です。

 こういうものを描いている間、当然ながら漫画制作は滞ります。ここに載せる絵が無いのが、順調な証拠。

 

 

 

f:id:hayaoki6:20200305205812j:image

  流行に乗らないのを自慢としているようなつまらない奴ですが、この絵はついふらふら米津玄師さんのCDを買って聴いた感想みたいなものです。ちゃんと聴くのは初めてだったんですが、だいたいこんな感じでした。

 色を付けたいけど、綺麗に描ける自信がないな…。

 風とか水を逆さまに流すと、エモーショナルになる気がします。

 

 

 

f:id:hayaoki6:20200302223245j:image

 

  灯りに照らし出される小吉。

 この懐中電灯にでも照らされたような表現は、江戸時代の絵本に登場する描き方で、龕灯(がんどう)という携帯照明器具の灯りです。銅などの金属で出来た桶のような物の中に燭台が備え付けてあり、中にロウソクの火を灯す道具です。燭台は固定式ではなく、くるくる回る仕組みで、下向きに持っても、前に掲げても、ロウソクがまっすぐになるように設計されていました。持っている人の顔が照らされないことから、「強盗提灯(がんどうちょうちん)」とも呼ばれました。

 いつか扉絵に使いたいです。小吉が、小林隼太さんに闇討ちされそうになる話とかに。

 

 

 

参考書籍

    マンガ『夢酔独言』を描くにあたって、特に参考にした資料をまとめました。各本参考ポイント解説付き。

    そのうち増えるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

・『夢酔独言 他』    平凡社 東洋文庫138    勝小吉 著 勝部真長 編

 

 

    主人公・勝小吉が書いた稀代の名著であり、マンガ『夢酔独言』の原作

    勝小吉が生まれるいきさつから、42歳で『夢酔独言』を書くまでを、本人の独断と偏見で綴っています。全編口語体

    小吉が若い頃慕った、平山行蔵先生について書いた『平子龍先生遺事』も収録。こちらはずいぶん堅い文章です。小吉が先生を初めて訪ねた時のエピソードや、先生から勉強を勧められて断る話など、マンガに登場するくだりがいくつかあります。

    勝小吉生涯年表や、男谷・勝家の家系図つき。

 

 

 

・『夢酔独言 現代語訳「勝小吉自伝」』    PHP研究所    勝部真長 編訳

 

 

    『夢酔独言』のみの収録。

    初めて『夢酔独言』を読むときは、是非とも原文をおすすめしますが、「読みにく過ぎて途中でやめた!」という方は、現代語訳をどうぞ。

    本所・浅草界隈の地図心影流の系譜などが載っていてお得。字が大きくて、すっきり見やすいです。解説文に、年表家系図といった定番セットももちろん完備。

    勝海舟が両親について記した文章も。

 

 

 

・『氷川清話』 講談社学術文庫1463 江藤淳 松浦玲 編

 

 

    麟太郎編の元ネタは、だいたいここからです。

 勝海舟へのインタビュー形式で構成されています。

 父親・小吉のエピソードも、ほんのちょっぴりですがあります。

 勝海舟に興味・関心はなくとも、人生訓には一読の価値あり。この世のだいたいのことに対して、不安や心配がブッ飛びます。

 『夢酔独言』を読んだ後だと、口調が親子そっくりで、ひっくり返りそうになります。

 

 

 

・『勝海舟』    筑摩書房    松浦玲

 

 

    分厚い本。なだけあって、勝海舟はもちろん、父親の小吉、麟太郎が幼い頃仕えた初之丞様、剣術の師匠・島田虎之助さん、本好き仲間の渋田利右衛門さん、佐久間象山先生など、勝海舟に関わる人物とのエピソードがいっぱい載っています。

 

 

 

・『勝小吉と勝海舟 「父子鷹」の明治維新』    山川出版社    大口勇次郎

 

 

    薄い本ですが、他の資料に載っていない、細かなエピソードが分かりやすくまとめられている、グッド資料。

 

 

 

 

・『F.ベアト写真集1 幕末日本の風景と人びと』    明石書店    横浜開港資料館 編

 

 

    タイトル通りの本。背景写真が充実しています。

    最初見た時、「ちょんまげの人の写真って、現存してるんかい…!」と衝撃を受けました。

   あと、 東海道の木がめっちゃデカいです。

 

 

 

・『新版 写真で見る幕末・明治』    世界文化社    小沢健志

 

 

    こちらは、人物の写真が充実しています。

    120ページに、磔(はりつけ)と晒し首の写真があるので注意。

 

 

 

・『勝海舟関係写真集』    出版舎 風狂童子    森重和雄 高山みな子 三澤敏博

 

 

    写真から銅像まで、さまざまな勝海舟が網羅されています。

    年表・家系図はもちろん、赤坂氷川の勝邸の間取りや、ゆかりの地の解説もあり、重度の勝海舟ファンなら手元に置いて損はない一冊。

 

 

 

2020年2月に描いた絵

 2020年2月に描いた、主にペン入れした絵です。

 そんなもん描いてないで、漫画を描けと思います。

 随時更新。新しい絵が、上に来ます。

 

 

 

f:id:hayaoki6:20200220183053j:image

  漫画描き作業が遅々として進まない、されど何も出さないと何もしてないのと同じ…ということで描いた絵です。

 マンガ『夢酔独言』二話目より、5歳の亀松(小吉)です。

 着物の背中に付いているのは背守り(せもり)といって、縫い目のない子供の着物に、魔除けとして縫い付けられました。モチーフは鶴亀、松竹梅、ウサギなど、吉祥・縁起物が好まれました。

 

 

 

f:id:hayaoki6:20200216215253j:image

  『映像研には手を出すな!』の主役3人、左から金森氏、浅草氏、水崎氏です。

 最近NHKでアニメ放送が始まりましたが、原作漫画は前から手元に置いていました。アニメを作るお話なので、アニメになって動いているのは、主人公たちの作ったアニメが動いているようで、感動も一入(ひとしお)でありました。

 はやおきは他人様の絵を描いたりは私的にも滅多にしないのですが、好きな気持ちが高ぶったので、描きました。

 毎週日曜日24:10~、NHK総合で放送中です。皆観てね!

 

 

 

f:id:hayaoki6:20200216165352j:image

  堺更紗(江戸後期~明治時代あたりにイケイケだった多色染めの木綿生地)の花唐草のイメージ絵。

 堺更紗は、模様が黄色や緑で、ベースが鮮やかな青色なのが特徴のひとつなのですが、その配色がギリシャとか地中海っぽいと思ったので、18世紀ぐらいのヨーロッパのきわどいインナーのイメージで描きました。ただ、更紗自体、異国情緒があるので、素直に着物にした方が良かったかなあとも思います。

 

 

 

f:id:hayaoki6:20200211192203j:image

  続・セーターの絵。

 普段洋服の絵を描かないので、ここぞとばかりに描きました。

 

 

 

f:id:hayaoki6:20200210163938j:image
f:id:hayaoki6:20200210163935j:image

  2月10日は「ニットの日」ということで、セーターの絵です。

 はやおきは洋服のことをあまり知らないんですが、セーターは大好きです。アランセーターとか、ガンジーセーターといった、イギリスとかアイルランドとか、その辺の漁師さんが着ていた、伝統的なニットです。色は生成りか紺で、糸の色は変えずに、編みの技法だけで模様をつくります。

 2枚目は、欲望のままに描いた、役に立たない解説です。

 モデルは小吉です。帽子の下は月代(さかやき)です。最初は紙タバコをくわえさせていましたが、昨今くわえタバコは良くないとされていますし、漁師シチュエーションなら、湿気って火ィ点かないんじゃないの?とも思うので、皆様各自で好きな物をくわえていると捉えてくださいませ。くんさきいかとか。

 

 

 

f:id:hayaoki6:20200205165738j:image

  女の子を描こうということで、女の子を描きました。

 小吉の妻・信です。

 

 

 

f:id:hayaoki6:20200204175820j:image

  インフルエンザで娯楽に乏しいため、新しく通販でCDを仕入れて聴いた、そのイメージです。あと、いよいよ一話目ペン入れも完成に近くなって、その現実逃避に。

    チリみたいなのが飛んでますが、描いてる途中でインクをこぼした跡です。

 イメージアルバム:「NEWS OF THE WORLD」

 

 

 

f:id:hayaoki6:20200203171643j:image

  節分なので、豆撒きをする島田虎之助さんの絵です。人選の理由は、名前に「虎」が入ってるからです。…だからどうした…。パンツの素材かyo…。

    あと、枡の噛み合わせが変っぽいな…。

 この絵はちょっとラフ過ぎますが、漫画の清書で描いているような、キッチリカッチリした線より、落書きで描くようなラフな線が好みです。清書の線も、そんな風になったらいいです。

 

 

 

f:id:hayaoki6:20200202171112j:image

 インフルエンザになったので、風邪っぽい絵です。

 18歳の時、お兄ちゃんのお供で信州へ行って風邪をこじらせた小吉。お粥はモリモリ食べる。

 生まれた初めて、インフルエンザの検査を受けました。鼻の穴から棒を深く突っ込まれて、脳みそに刺さるかと思いました。実際、そんなに深く突っ込んではなかったと思います。