マンガで読める『夢酔独言』

マンガで読める『夢酔独言』

『夢酔独言』がマンガで読めるブログです。

和柄コレクション 型紙摺印判の幾何学模様と小紋

和柄コレクション 型紙摺印判の幾何学模様と小紋

 

 「型紙摺印判(かたがみすりいんばん)」とは、江戸時代中期に行われた、古伊万里の絵付け技法です。

 模様部分を切り抜いた型紙を器に当て、上から「呉須(ごす)」という顔料を乗せます。すると型紙に空けた穴から呉須が器に付着し、図案を写すというものでした。

 大量生産するための技法というよりも、精密な絵付けを、狂いなく器に施すための技法という向きが強かったようです。

 図案は、一般的な古伊万里のような花鳥画もありましたが、型紙を用いるため、細かい幾何学模様や、小紋模様が多く作られました。

 

 型紙摺印判は江戸後期には姿を消しますが、明治時代に、今度は大量生産を可能にするという特長を買われ、復活します。明治時代の型紙摺印判は、鮮やかなベロ藍(コバルトブルー)で絵付けされ、古典的な模様のほか、文明開化を表現した絵柄もありました。明治時代のものは、「型紙印判」とか、「明治印判」「印判手」と呼ばれます。

 その後、明治時代後半には、「銅版転写印判」技法が導入され、より精密な絵付けが可能になりました。図案はユーモアとバラエティーに富み、比較的安価なため、骨董ファンの間で人気のジャンルとなっています。

 

 …と、明治時代の印判まで解説しましたが、この記事では、江戸時代中期に作られた型紙摺印判の中で、特に幾何学模様と、小紋の模様を紹介します。

 

 

 

・放射に桜と亀甲f:id:hayaoki6:20190630113559j:image

 

  一見、300年前に作られたとは思えないモダンな小皿。よく見ると、桜や亀甲などの、和のモチーフで構成されています。

 

 

 

・陰陽花菱
f:id:hayaoki6:20190630113556j:image

 

 色付き(陰)の花と、白抜き(陽)の花を交互に並べた模様。

 片辺が短く片辺が長い、ひし形に納まる花の模様を、「花菱(はなびし)」といいます。縦長の花菱もまれにありますが、横長が多いです。

 これは消しゴムはんこで再現したものです。元のお皿は、はやおきが財政難の時に、生活費になってしまいました…。

 

 

 

・玉付き襷(たすき)に三種の花菱

 


f:id:hayaoki6:20190630113626j:image

f:id:hayaoki6:20190630113629j:image

 とてもモダンな模様。タスキとタスキの間の玉だけが手描きで、あとは印判です。

 ハート形の花びらがかわいい。

 

 

 

・菊小紋

 


f:id:hayaoki6:20190630113720j:image

f:id:hayaoki6:20190630113717j:image

 ひたすら菊を並べた小紋。基本9枚花びらですが、一個だけ7枚花びらがあります。

 

 

 

・網襷に二種の花菱
f:id:hayaoki6:20190630113808j:image

 

 小さい丸と、花芯を塗りつぶした部分が手描き。

 線画でない、塗りつぶしたような箇所を、「ダミ」といいます。

 ねじれているような花菱は、鉄線(てっせん)の花です。

 

 

 

・二種の花菱十字
f:id:hayaoki6:20190630113801j:image

 

 元のお皿がどんなのだったか記憶にありませんが、記録に「型紙摺印判」とメモしてあるので、型紙摺印判の模様です。

 花火か、昔の模様ガラスみたいできれい。

 

 

 

・毛玉小紋
f:id:hayaoki6:20190630113758j:image

 

  本当は毛玉ではないでしょうが、毛玉に見えます。

 丸の部分がダミ。

 原案になったお皿は、むちゃくちゃ高くて買えなかった…。

 

 

 

・藤襷に菊
f:id:hayaoki6:20190630113805j:image

 

  全体的ににじんでいますが、凝った模様です。

 花の中心を薄いダミで埋め、斜めがけのタスキ部分を手描きで描いています。

 

 

 

・吹き寄せ小紋

 


f:id:hayaoki6:20190630113835j:image

f:id:hayaoki6:20190630113831j:image

  いろいろな型紙摺印判の模様を、ギュッと濃縮したような模様。

 2枚目が消しゴムはんこで再現したものですが、密度が全然違います。

 

 

 

・松皮菱に花菱

f:id:hayaoki6:20190630132041j:image

 

 元は型紙摺印判に違いないのですが、やはり高くて手が出せませんでした。

 ギザギザしたひし形が「松皮菱(まつかわびし)」。松の木の皮を図案化した模様です。

 

 

 

・水面に薄氷

f:id:hayaoki6:20190630132056j:image

 

 単に細かい模様を組み合わせただけかもしれませんが、水面に浮かぶ氷に見立てました。実際、横縞部分のような水の表現は、この時代の古伊万里にあります。

 

 

 

・雁金小紋
f:id:hayaoki6:20190630115338j:image

 

 5ミリ四方ほどの小さな雁金(かりがね)を、びっしり並べたもの。
 この形の器は「結び文型」といい、結び文型の器の半数は、型紙摺印判用と言ってもいいほど。骨董屋さんで見かけたら、チェックしてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

『夢酔独言』 百三十七話 都甲斧太郎先生

『夢酔独言』 百三十七話 都甲斧太郎先生

 

 前回、謎の馬医者・都甲斧太郎(つこうおのたろう)先生と出会った麟太郎。「西洋の匂い」がする都甲先生の家を訪ね、西洋の書物に触れます。

 そんな折、九州から罪人が、江戸へ護送されて来ます。罪人の名は高島秋帆(たかしましゅうはん)。都甲先生から聞いた、蘭学者の一人でした。

 

f:id:hayaoki6:20190619193613j:image

続きを読む

和柄コレクション 雨竜(あまりょう)

  「雨竜(あまりょう)」とは、龍の一種ですが、一般的にイメージするような、角や鱗がある龍ではありません。また、着物の模様として、基本デフォルメされた状態で描かれます。

 雨竜は、鬣(たてがみ)があって体は長く、基本的には龍らしい姿をしています。しかし角と鱗が無く、口も省略されて、チョウチョの口ように表現されています。体は波のようにうねったり、渦巻いたりしています。目も省略されて、点々で表現されます。

 龍と同じく中国由来のモチーフですが、その穏やかな姿は、日本の他のモチーフとよく調和しています。

 

 

 

・江戸縮緬、絣に雨竜丸f:id:hayaoki6:20190606073842j:image
続きを読む

『夢酔独言』 百三十六話 西洋の匂い

『夢酔独言』 百三十六話 西洋の匂い

 

 天保十三年(西暦1842)、勝麟太郎、20歳。

 剣術の師匠・島田虎之助から蘭学を勧められた麟太郎。江戸の蘭学者箕作阮甫(みつくりげんぽ)先生に弟子入りを申し込ますが、あっさり断られます。

 次に麟太郎が訪ねたのは、赤坂に住む永井青崖(ながいせいがい)先生。剣術遣い風情の麟太郎に永井先生も難色を示しますが、麟太郎は持ち前の口八丁で、自分を売り込みます。

 

f:id:hayaoki6:20190529000131j:image

続きを読む

勝小吉インスパイアード牡丹獅子

※このページはカラーイラスト収納場所です。

 

f:id:hayaoki6:20190521142604j:image

勝小吉インスパイアード牡丹獅子(2019,5,20)

 

 和柄コレクションの牡丹特集から、一枚絵に。

 色が飛ぶから、絵を撮影した画像です。

 たまには普段選ばない色をと思い、牡丹は紫にしました。

 浮世絵とかアニメみたいな、シャッキリハッキリした色付けが好きなので、それを目指して毎度色塗りしていましたが、結局、じわじわ塗っていくのが性に合ってるし巧く見えると気が付きました。あと、この間のいろいろ試し描きはめちゃめちゃ有効だった。

 小吉の服は、筒描き(つつがき)っぽくしました。筒から絞り出した糊で図案を描いてから染める技法で、模様が白く残ります。

 

 

 

 

※続きは、過去の絵です。

続きを読む

和柄コレクション 牡丹(ボタン)

 牡丹中国原産の花で、聖武天皇の時代に渡来したと言われ、古くは枕草子に名前が登場します。庶民の園芸用として普及したのは江戸時代で、それまでは主に貴族寺院によって栽培されてきました。

 もともとは薬用として輸入されましたが、花の美しさから、観賞用として日本で親しまれてきた花です。

  開花時期は4~6月初夏を表す花です。冬に咲く品種もあります。

 模様としての牡丹は、単体で華やかさと、春~夏を表すモチーフとして使われます。また、獅子(しし)との組み合わせで、能の曲目「石橋(しゃっきょう)」を表します。後者は、おめでたい和柄として親しまれました。

 明治期の縮緬など、高級素材に多色刷りで使われることが多く、単色刷りでは、あまり多種多様に使われているイメージはありません。

 

 この記事では、古典的な模様として江戸~大正時代の牡丹の和柄を紹介します。

 よく似ている、牡丹と菊の見分け方も。

 

 

 

  • ●牡丹と菊の和柄の見分け方
    • ・牡丹
    • ・菊
    • ・型染木綿、霞に牡丹と柳
    • ・型染木綿、牡丹に扇と兎
    •  
    • ・型染木綿、流水に牡丹と車
    • ・牡丹(一部)
    • ・牡丹(一部2)
    • ・型染木綿、柳と藤絞りに牡丹
    • 消しゴムはんこ、白抜き牡丹
    • 消しゴムはんこ、石橋(しゃっきょう)

 

 

 

●牡丹と菊の和柄の見分け方

 

 

f:id:hayaoki6:20190519150251j:image

・牡丹

 

大きな花。花弁の幅が広く、先端が内側に丸まってひらひらしている。花びらに筋が描かれる場合が多い。花の色は、たいてい赤か白。

葉は三つに分かれていて、先がとがっている。

季節は春~夏。

 

f:id:hayaoki6:20190519150315j:image

・菊

 

基本、大きな花だが、小菊もある。花弁は細く、先端が丸まっている。たいてい八重咲きで、主に丸まったパターンと、開いているパターンの2つ。小菊は一重咲き。花の色は赤、白、黄のほか、青や紫に塗られたりと、さまざま。

葉は3~5つに分かれ、先端は丸い。

季節は秋だが、季節を問わず幅広く使われる。

 

f:id:hayaoki6:20190519150326j:image

こちらは、菊の周りに牡丹の図。実際の大きさ比は逆。菊が主役なので、大きく描かれています。

 

 

 

 

 

・型染木綿、霞に牡丹と柳f:id:hayaoki6:20190519000403j:image

 

続きを読む

『夢酔独言』 百三十五話 剣術の世の終わり

『夢酔独言』 百三十五話 剣術の世の終わり

 

  天保九年(西暦1938)、春

 息子・麟太郎の出世のために隠居したのに、出世のあてがなくなって、落胆する小吉。麟太郎は剣術修行を始めます。

 はじめ麟太郎は親類の男谷精一郎に弟子入りを願い出ていたのですが、精一郎さんの勧めで、島田虎之助の弟子になりました。

 今回のお話は、その前日談と後日談です。

 

f:id:hayaoki6:20190510205606j:image

続きを読む