マンガで読める『夢酔独言』

マンガで読める『夢酔独言』

勝海舟の父親・勝小吉の自伝『夢酔独言』がマンガで読めるブログです。

『夢酔独言』 五話「百物語」

  勝海舟の父親・勝小吉の自伝『夢酔独言』の五話目、小吉が8歳の時の話です。

 深川油堀から引っ越した一家は、駿河の屋敷を借ります。屋敷のとなりに寂しげな草原があるのを利用して、小吉の父・平蔵は家来もみんな集めて肝試し大会を催します。夜中、草原に立てた人形に目を付ける役が当たった小吉。無事に帰ってこられるのか…。

 

f:id:hayaoki6:20200801212603j:image

f:id:hayaoki6:20200810192157j:image
f:id:hayaoki6:20200810192200j:image

f:id:hayaoki6:20200905200049j:image
f:id:hayaoki6:20200905200045j:image

f:id:hayaoki6:20200906190149j:image
f:id:hayaoki6:20200906190146j:image

f:id:hayaoki6:20200913183731j:image
f:id:hayaoki6:20200913183723j:image
f:id:hayaoki6:20200913183726j:image

 

 冒頭の、原作の該当箇所はこちら(はやおきによる現代仮名遣いで引用)。

 

 深川の屋敷もたびたびの津波故、本所へ屋敷替えを親父がして、普請(土木工事)の出来るまで駿河台の太田姫稲荷の向う、若林の屋敷を当分借りていたがの。その屋敷は広くって、庭も大層にて、隣に五、六百坪の原があったが、化け物屋敷と皆が話した。

 

 四話目まで深川油堀に住んでいた男谷家(勝家の婆様と信を引き取り、そこへ小吉が養子入りした状態)でしたが、本所へ引っ越します。深川で家を建てている間、一家は駿河の屋敷に身を寄せます。

 

f:id:hayaoki6:20200920193555j:image

位置関係こんな感じ。

左下が深川油堀(ら辺)、右上が駿河台です。

 

f:id:hayaoki6:20200920193625j:image

駿河台ズーム。

「イナリ」が太田姫稲荷で、となりの「フカ林」が「若林」…と読めなくもないです。

 

 

 

 冒頭、男谷家の用人・利平次が小吉を「坊っちゃん」から「若旦那」と言い換える場面がありますが、これは小吉が男谷家の子供から、勝家の当主になったことを表しています。

 

 ちなみに五、六百坪はどれぐらいの広さかというと、ひと坪約3.3平方メートル×間をとって550=1815…約2平方キロメートルです。東京ドーム約40個分(漫画では、そうとは知らず、ちょっとした広場程度に描きましたが…)。計算ミスかもしれません、数学の偏差値30ぐらいだったんで…。

 

 

 

続く百物語のくだりはこちら。

 

 おれが八つばかりの時に、親父が家中の者を呼んで、その原に人の形を拵て、百物語をしろと言った故、夜皆がその隣の屋敷へ一人ずつ行って、かの化け物の形の袖へ名を書いた札を結び付けてくるのだが、皆が怖がって、おかしかった。一番終いにおれが行く番であったが、四文銭をみがきて、人の形の顔へ目に貼り付けるのだが、それがおれが番に当たって、夜の九つ半(一時)ぐらいだと思ったが、その晩は真っ暗で困ったが、とうとう目を付けてきたよ。皆にほめられた。

 

 小吉のお父さんが、家中の、おそらく家来も含めた皆を集めて、百物語の会を催します。人形を準備したり、名前の札を結びつけて帰ってくるといったレクリエーションの企画を考えていたのを想像すると、ほほえましいです。

 

 

 

 後半、お姑さん関係のくだり。

 

 おれが養家の婆あ殿は、若い時から意地が悪くって、両親(許嫁・信の両親)もいじめられて、それ故に若死にをしさったが、おれを毎日毎日いじめさったが、おれもいまいましいから、出放題(好き勝手)に、悪態をついたが、その時親父が聞きつけて、怒っておれに言うには、

「歳もゆかぬに、婆様に向かって、己のような過言(言い過ぎて無礼にあたること)を言うやつはいない。始終が見届けない(将来どうなるか分かったものではない)」

とて脇差を抜いて、おれに切りつけたが、清という妻が謝ってくれたっけ。

 

  小吉は7歳の時、家に養子入りしましたが、勝家には許嫁の(のぶ。小吉の2歳年下)と、その祖母である婆様しかいなかったため、3人(小吉、信、婆様)は小吉の実家である男谷家に引き取られ、一緒に暮らしていました。

 小吉は姑である婆様と折り合いが悪く、原作『夢酔独言』で、婆様について「やかましい」とか、「いじめる」とか、そんなことばっかり書いています。

 

 

 

 六話「八人VS四、五十人(仮)」に続きます。

 なぜ四話や五話で、原作にない小吉の飼い犬が登場するのか…伏線回収の時間です(要は犬が出てくるんですね)。お楽しみに!

 

 

 

2020年9月に描いた絵

 2020年9月に描いた、ペン入れした一枚絵です。

  一枚絵も漫画も全然更新されないけど、ちゃんと描いているのか?…黙るしかない(進みは遅いですが描いています)…!

 

 

 

f:id:hayaoki6:20200914225732j:image
f:id:hayaoki6:20200914225735j:image
f:id:hayaoki6:20200914225728j:image
f:id:hayaoki6:20200914225742j:image

  上坂編のメインキャスト4人です。上から、御願塚村の代官・山田新右衛門さん、夢酔一行の堀田喜三郎さん、猪山勇八郎さん、夢酔です。

 本人達のキャラクターを踏まえつつ、リアルにそうだったっぽい佇まいにしました。

 ※この時代にピースサインの概念はありません。撮影スタッフがポーズをお願いしたようです。

 

 

f:id:hayaoki6:20200911223450j:image

  急に梅の枝を描きたくなったので、描きました。

 細部が雑…というかもっと凝りたかったのですが、膨大な時間がかかるので、欲求を解消しただけの絵です。

 

 

 

月代でない島田虎之助さん

※このページはカラーイラスト収納場所です。

 

 

 

f:id:hayaoki6:20200914224921j:image

月代でない島田虎之助さん(2020,9,14)

 

 試みに描きました。

 顔面は鏡を見ればだいたい分かるのですが、髪の塗り方が分からんので、テキトウになっています。

 コピック(色マーカーみたいなもの)で 色付けしたのですが、気付いたらいっぱいインクが付いていました。飛んだのかな。

 

 

 

※続きは、過去に描いた絵です。

 

続きを読む

2020年8月に描いた絵

 2020年8月に描いた、ペン入れした一枚絵です。

 7月は調子が悪かったですが、8月のお盆休みに突入し、不可解なまでにコンディションが良くなっております(8月9日現在)。要らん絵を描いてないで、漫画描けと思います。

 

 

 


f:id:hayaoki6:20200830211455j:image

f:id:hayaoki6:20200830211500j:image

    襦袢を羽織った小吉です(2枚目は羽織ってない下書き)。

    幕末・明治時代の、褌姿の皆さんを参考に描きました。

    当初、襦袢の柄を見せる絵にしたかったのですが、いざ羽織らしたら、柄が全然見えねえ!ということでとりあえず無地です。

 

 

 

f:id:hayaoki6:20200822175027j:image

    小吉の妻・信の胸像です。

  ほっとくと小吉ばかり描くので、意識して描きました。

 前髪の先を垂らすアレンジヘヤーです。実際の幕末・明治時代あたりの写真にも、こういうタイプの髪型はあります。

 

 

 

f:id:hayaoki6:20200809232259j:image

  刀の差し方を勉強したので、刀を差している図を描きたくなって描きました。勉強の成果が表れているかは微妙です。

  特別強そうでも過剰な表情がついているわけでもないですが、小吉が日頃鍛えているであろう、心身の健全さが出せたと思います。

 袴の股下あたりがどうなってんのか分からないので、あやふやに描いております。

 

 

 

時代劇漫画の描き方(自分用メモ)

 2019年の冬休み、いよいよ超面白いマンガ『夢酔独言』のペン入れを開始した『夢酔独言』専門漫画家のはやおきです。

 

 この記事は、今までテキトウに描いていた時代劇作画についてのあれこれを調べ、ついでにブログのネタにすることで、皆様に還元しようという企画です。あくまではやおき調べなので、「何か描いてるな~」程度に捉えてくださいませ。

 

 随時更新。新しいのが上に来ます。

 

 

 

・刀の差し方

f:id:hayaoki6:20200809230855j:image

    はやおきは今まで、刀の差し方を知らずに何となくで時代劇漫画を描いてきましたが、本日、ようやくマンガの描き方本にて刀の差し方を確認しました。

    で、感想としまして、

・刀の、帯を挟んで前に出る部分は意外と長い(考えてみたら、刀の後ろの部分ばっかり長く差していたら、重くて大変そう)

・帯に挟んで点で支えるのではなく、帯にかかる部分を多く取って、腰の側面で支えるイメージ

 という感じです。

 

 

 

・縞模様の袖

f:id:hayaoki6:20200726203306j:image
f:id:hayaoki6:20200726203303j:image
f:id:hayaoki6:20200726203300j:image

    かねてより縞模様の袖を、どうも上手く描けないなーと思っていたのですが、幕末・明治時代あたりの写真集を見ながら20分くらい学習したところ、何となく分かりました結果です。…が、自分以外が見ても解らないくないか…。

    「ペラペラした布で出来た四角い袖だ!」と思うことがコツです。

 

 

 

・瓦屋根

f:id:hayaoki6:20200330181257j:image

  時代劇に欠かせない、瓦屋根の構造です。

 数年前撮影した写真から割り出した図解なので、完全に正確とは言えませんが、瓦屋根を描く時の基準にはできそうです。

屋根と壁の継ぎ目に自信がないときは、黒く影を塗って誤魔化しましょう。

  

 

 

 ・日本髪

f:id:hayaoki6:20200103191751j:image
f:id:hayaoki6:20200103191754j:image

  幕末・明治時代の写真を見て描いてはいるものの、構造はまったく分かっちゃいなかったので、描き方本も見て勉強しました。とはいえ、細部はやっぱり分からんなぁ…。

 今回分かったのは、お団子部分の処理です。

 

 

 

・羽織の紐の結び方 


f:id:hayaoki6:20200101225936j:image

f:id:hayaoki6:20200101225932j:image

f:id:hayaoki6:20200101230003j:image
 幕末・明治時代の写真を見るに、羽織の紐は、蝶結びではありません。2本の紐をひとまとめにして、輪をつくって結んでいます。

 荷紐で実際結んでみましたが、白くて全然分からないので、線画も描きました。はやおきが左利きのため、結び目が通常と違っているかもしれません。

 写真は我らが息子、勝海舟(『勝海舟関係写真集』より)です。

 

 

 

 ・袴

f:id:hayaoki6:20191229192950j:image
f:id:hayaoki6:20191229192946j:image
f:id:hayaoki6:20191229192942j:image

  意外にも、1500ページも時代劇漫画を描いておいて、1回もちゃんと調べなかった袴の構造。だって難しそうなんだもの。とはいえ、清書するのに知らないままでは困るので、この度調べました。

 まずは幕末・明治時代の写真から、当時の袴をスケッチ。それから着物の描き方本で、構造を確認しました。

 袴ってスカートみたいな形で中に区切りがあると思ってたんですが、ズボンみたいに二股に分かれてるんですね。で、フロントには5つのヒダがある。そんで、動かすとシワが伸びて…あとは図にした通りです。

 3枚目は、それらを踏まえて描いたものです。それっぽくなったでしょう?

 袴には両サイドにスリットがあって(そこは知ってるので詳しく図解してないですが…)、ポケットみたいに手を入れてる人も、資料写真の中に何人かいました。

 

 

 

 ・馬

f:id:hayaoki6:20191227223021j:image
f:id:hayaoki6:20191227223025j:image

  『夢酔独言』で馬と言えば、小吉の好きな動物であり乗り物。八話目でメインで登場するのですが、その時はいい感じに描けず不満でした。

 一話目の冒頭にもちょっと登場するしということで、骨格とか筋肉とか馬具の具合を調べました…が、一話目には足元3センチぐらいの全身図お尻しか映らない…まぁいいか…。

 馬具の詳細は結構あやふやです。のめり込んでずっと調べてたので、これ以上馬具に頭を使ったら、脳みそがバグりそうだったので。

 浮世絵とかでは、現代のサラブレッドと同じようにスラっと描かれていますが、実際は小さくてずんぐりとした体形だったようです。

 


f:id:hayaoki6:20191229193033j:image

f:id:hayaoki6:20191229193030j:image

↑こちらは勉強したのを踏まえて描いた絵です。右側は、2ヶ月前に描いたもの。

 

 

『夢酔独言』 四話「初めての切腹」

 勝海舟の父親・勝小吉の自伝『夢酔独言』の四話目、小吉が7歳の時の話です。

 男谷家から勝家養子入りした小吉。勝家の5歳の娘・(のぶ)が許嫁です。

 同じ年、またまた凧でモメて、2、30人の子供を相手にケンカになり敗北、切腹をすることに…!?

 

 

 

f:id:hayaoki6:20200523193248j:image

続きを読む

2020年7月に描いた絵

 2020年7月に描いた、ペン入れした一枚絵です。 

 6月は、新年度が始まり(はやおきは学校関係の労働者で、4、5月は自宅待機していました)、労働しつつ真面目に漫画作業だけをしていました。

 すると副作用で「何かいろいろキツいわ状態」になってしまい、何かいろいろキツかったので、今は休み休み、こんな関係ない絵も描きながら作業しています。

 

 

 

f:id:hayaoki6:20200724163238j:image

 石垣の前でポーズをとる小吉です。ロケ地は、芝の増上寺

 本当にリアルな図というのは、日常の、被写体が撮影者を意識していない瞬間を切り取ったものなんですが、その日常から一歩踏み出して、被写体が撮影者に向かってポーズをとる、という行為は、被写体と撮影者および鑑賞者の間に意識みたいなのが通って、モデルをより人物としてリアルに感じられると思うのです。その場合、被写体が自発的にポーズをとらなくちゃならんと思います。日常の延長で。

 何か急に日付けとサインが入ってますが、「描いた絵にサインを書き込んどいた方がいい」との情報をかねてより聞いていたので、サインを書き込みました。サインなぞ初めて書いたので、よくある理由で恥ずかしかったです。