マンガで読める『夢酔独言』

マンガで読める『夢酔独言』

『夢酔独言』がマンガで読めるブログです。

壮年編

マンガ『夢酔独言』目次⑥ 壮年編・下(小吉30~37歳)

マンガ『夢酔独言』の七十六~百話までが、ここから読めます。 小吉30~37歳、息子・麟太郎が9~16歳の頃のエピソードです。 小吉が不倫したり、地主の世話をして無一文になったり、10年ぶりに会った二番目の兄と揉めて殺されかけたり、吉原で大ゲ…

マンガ『夢酔独言』目次⑤ 壮年編・上(小吉24~30歳)

マンガ『夢酔独言』の五十四~七十五話が、ここから読めます。 小吉が24~30歳、息子・麟太郎が3~9歳までのエピソードです。「壮年編」全部で50話ほどあるので、『夢酔独言』で最も有名な「幼い頃の勝海舟が犬に噛まれて死にかける」ところまでを上…

『夢酔独言』 百四話 千両博奕

『夢酔独言』 百四話 千両博奕 友達の諏訪部さんから、大金が入る博打に行くから、用心棒をしてほしいと頼まれた小吉。 頼み事をされると二つ返事で「よかろう」な小吉ですが、大嫌いな博打に行くとなれば、話は別です。同行を断りますが…。

『夢酔独言』 百話 地獄の淵から舞い戻ったぜ

『夢酔独言』 百話 地獄の淵から舞い戻ったぜ 「改心するぐらいなら断食して死ぬ!息子のことは何分頼む」とゴネる小吉と、「いったん家に帰れ」という兄嫁の攻防の末、いったん家へ帰る小吉。しかし、いずれ迎えはやって来る…。 小吉と妻・信の(小吉隠居前…

『夢酔独言』  九十九話 長生きすると息子が困る

『夢酔独言』 九十九話 長生きすると息子が困る 36歳の夏、余りの素行の悪さに、小吉を檻に押し込めると決まったようです。 なぜか「檻へ入って断食して死ぬ!」と言い張る小吉と、「改心して檻へ入るのは許してもらえ」と説得する精一郎さん・お遊さん。 …

『夢酔独言』 九十八話 二度と生きては帰るまい

『夢酔独言』 九十八話 二度と生きては帰るまい 素行を改めろと忠告されたのに、やっぱりケンカをしてしまった小吉。 36歳のある晩、実家の男谷家からお迎えが来て、行ってみると、みんな泣いている。話を聞くと、親戚一同相談のうえ、小吉を檻に入れるこ…

『夢酔独言』 九十七話 雷門で侍を切る

『夢酔独言』 九十七話 雷門で侍を切る 前回、息子・麟太郎の出世のため、素行を改めるよう甥っ子(男谷精一郎)から釘を刺された小吉。 忠次郎に誘われ、浅草市へ出掛けます。混み合う中、侍にちょっかいを出され…。 サブタイトルが不穏過ぎるが、予想を裏…

『夢酔独言』 九十六話 麟太郎、将軍の側近になる

『夢酔独言』 九十六話 麟太郎、将軍の側近になる 小吉、36歳、息子・麟太郎(後の勝海舟)15歳。 麟太郎はかつて江戸城で、11代将軍家斉の孫・初之丞様(麟太郎の2歳年下)のお相手をしていました。 時は流れ、初之丞様が御三卿のひとつ・一橋家に養…

『夢酔独言』 九十五話 小吉、詐欺師を騙す

『夢酔独言』 九十五話 小吉、詐欺師を騙す 小吉の友達から金を巻き上げ、姿をくらました「品用師」。話を聞いた小吉が、品用師の宿を訪ねます。 品用師に会ったこともない小吉でしたが、品用師の親玉をかたり、品用師を騙し返します。

『夢酔独言』 九十四話 品用師

『夢酔独言』 九十四話 品用師 当時、寺から金を借りる仲介をすると言っては、武士から前礼金を騙し取っていた「品用師(ひんようし)」と呼ばれる詐欺師。 小吉の友達も、次々に金を取られ…。 小吉VS詐欺師、前編です。

『夢酔独言』 九十三話 直に戻って来おるぜ

『夢酔独言』 九十三話 直に戻って来おるぜ 前回までのおさらい:吉原の仮宅「佐野槌屋」にて、銭座(鋳銭所)の息子とケンカをした小吉。いろいろあって武器を持った30人の男に囲まれ、大ピンチ! ※ただただ小吉がケンカしているだけのお話です。

『夢酔独言』 九十二話 怖くって名も呼べぬ

『夢酔独言』 九十二話 怖くって名も呼べぬ 吉原の仮宅にて銭座(鋳銭所)の息子とケンカになり、店の2階から息子を放り投げた小吉。銭座勢一同が長鉤を持って押し寄せて、大ゲンカがスタートします。 長鉤を持った30人に対し、刀を抜いて互角に闘う(本…

『夢酔独言』 九十一話 その名を知らぬ者はない

『夢酔独言』 九十一話 その名を知らぬ者はない 小吉36歳。息子・麟太郎は15歳、長女はなに、次女順も産まれました。と同時に、持病の脚気も悪化してきます。 天保八年(西暦1837)二月、大火で吉原遊郭が焼失。小吉は仮宅(かりたく)へ通います。…

『夢酔独言』 九十話 兄に殺されかける

『夢酔独言』 九十話 兄に殺されかける 甥っ子の正之助へ手紙を書いたことで、三郎右衛門さんを怒らせた小吉。偽筆ということにして何とか乗り切り、あとは大兄・彦四郎さんから手紙を待つばかり。 ところが、待機している小吉の命を狙う人物が…。

『夢酔独言』 八十九話 そんな手紙は書いてない

『夢酔独言』 八十九話 そんな手紙は書いてない 甥っ子の正之助に悪知恵を書いた手紙を出したことがばれて、次兄・三郎右衛門さんを怒らせた小吉。兄弟の情に訴えますが、効き目がないようなので、攻めに転じます。 三郎右衛門さんから、小吉は自分が書いた…

『夢酔独言』 八十八話 兄弟の情が薄いじゃないか

『夢酔独言』 八十八話 兄弟の情が薄いじゃないか 甥っ子の正之助に、支配地での知恵を書いた手紙をやった小吉。 どういうわけか正之助が手紙を落とし、手紙の内容が、正之助の父親である小吉の次兄・三郎右衛門さんに知れてしまいました。 小吉は長兄・彦四…

『夢酔独言』 八十七話 悪知恵

『夢酔独言』 八十七話 悪知恵 34歳の年、10年間絶交していた2番目の兄・三郎右衛門さんと仲直りした小吉。ところが翌年の春、三郎右衛門さんの惣領・忠蔵が、何者かに殺されてしまいます。 用心のため、しばらく林町の三郎右衛門さん宅に通う小吉。 そ…

『夢酔独言』 八十六話 二番目の兄

『夢酔独言』 八十六話 二番目の兄 小吉34歳。小吉の2番目の兄・三郎右衛門が登場です。 10年ほど前、小吉と金の貸し借りでもめて、絶縁状態だった三郎右衛門さん。突然お金を2分(小吉が貸した8両の16分の一)を手紙とともに送って、小吉に「会い…

『夢酔独言』 八十五話 江戸の町は火事が多い

『夢酔独言』 八十五話 江戸の町は火事が多い 秩父屋三九郎という幕府の着物類御用達に、仕事の仲立ちを頼まれた小吉。かつて息子・麟太郎が大奥に居た「つて」で三九郎の世話をしますが、先方に渡すはずのお礼金を、三九郎が出そうとせず…。 麟太郎と火事の…

『夢酔独言』 八十四話 剣術道場の小吉

『夢酔独言』 八十四話 剣術道場の小吉 17歳で剣術を始めた小吉。30歳の現在、大きな試合の行司をしたり、伝授の言い渡しに揉め事の仲裁、世話役として奔走します。 一方、小吉の縄張りでは、奇妙なことが起きて…。

『夢酔独言』 八十三話 道具市の小吉

『夢酔独言』 八十三話 道具市の小吉 小吉、30歳。地主さんのお世話で貧乏になっていたところ、友達から5両もらって商売を始めました。 ただ道具を売り買いするだけで満足しないのが小吉。小吉流、市場での戦略とは。

『夢酔独言』  八十二話 掛捨て御免

『夢酔独言』 八十二話 掛捨て御免 前回までのおさらい:引っ越し先の地主さんのお金を工面していたら、小吉のお金が無くなりました。そんな小吉を見兼ねて、友達がお金を出そうとします。しかし、プライドの高い小吉が受け取るはずもなく…。

『夢酔独言』 八十一話 麟太郎と博奕と飢饉

『夢酔独言』 八十一話 麟太郎と博奕と飢饉 今回は、勝海舟の言葉集『氷川清話』からのお話です。 麟太郎(海舟)12歳の頃のお話。当時旗本の間で博奕が流行していて、周りの家はみんなやっていた。そんな中、父親の小吉は博打が大嫌いで…。と、天保の飢饉…

『夢酔独言』 八十話 岡野家の世話

『夢酔独言』 八十話 岡野家の世話 小吉30歳頃のこと。引っ越し先の道楽者の地主さんから、後継ぎの孫一郎さんの御番入とお嫁さんの世話を頼まれました。ところが、悪名高い岡野家に、誰もお嫁に来てくれません。

『夢酔独言』 七十九話 地主のふしだら

『夢酔独言』 七十九話 地主のふしだら 引っ越し先の地主さんのお金の世話をし過ぎて、貧乏になった小吉。そこへ、地主さんの奥さんがやって来ます。「亭主がふしだらで困っているから隠居させてほしい」。 しかし、親類でもない小吉には、地主さんを隠居さ…

『夢酔独言』 七十八話 四文の銭も無い

『夢酔独言』 七十八話 四文の銭も無い ここまでのおさらい:本所割下水(わりげすい)の地主さんともめて、入江町に引っ越して来た小吉でしたが…。 引っ越して早々、地主さんの借金について相談を持ちかけられた小吉。商売(刀剣道具の売買)道具を質屋に入…

『夢酔独言』 七十七話 利平の死

『夢酔独言』 七十七話 利平の死 小吉が7歳で勝家に養子に入る前、男谷の家の用人を務めていた利平次。 隠居して親類の元へ帰りましたが、退職金を残らず取られ、再び男谷家へ。そこでも邪魔にされていた利平を、小吉は引き受けます。しかし、勝家にも、利…

『夢酔独言』 七十六話 女房の乱心

『夢酔独言』 七十六話 女房の乱心 時は少しさかのぼって、小吉が28歳頃のお話です。 ある時、よその武士の妻に惚れた小吉。自分の妻・信に「その女をもらってやろう」と言われ、大喜び。ところが、当然ながら信は怒っていたのだった。 喧嘩になり、信に短…

『夢酔独言』 七十五話 看病

『夢酔独言』 七十五話 看病 小吉30歳の時、麟太郎が犬に噛まれて重傷に。小吉は自ら麟太郎を抱いて寝て、看病をします。しかし、回復の遅さにしびれを切らして…。

『夢酔独言』 七十四話 息子の命はおれが受け合う

『夢酔独言』 七十四話 息子の命はおれが受け合う 息子は今晩にも持たないかもしれない。小吉はその晩から金毘羅様へ祈り、自ら麟太郎を看病します。…その方法とは?