マンガで読める『夢酔独言』

マンガで読める『夢酔独言』

『夢酔独言』がマンガで読めるブログです。

家出編2

マンガ『夢酔独言』目次④ 家出編2

マンガ『夢酔独言』の四十七~五十三話が、ここから読めます。 小吉21歳夏の、二度目の家出のエピソードです。 初っ端から身ぐるみをはがされ、無一文になって物乞いをしながら続けた14歳の時の一度目の家出とは違い、21歳の小吉は、計画的かつ悪質に…

『夢酔独言』 五十三話 おれの子だよ

『夢酔独言』 五十三話 おれの子だよ 二度目も家出から、江戸に帰った21歳の小吉。妻が妊娠してました&檻に入ることになりました。

『夢酔独言』 五十二話 これはお主を入れる檻

『夢酔独言』 五十二話 これはお主を入れる檻 21歳、二度目の家出をした小吉。遠州掛川の中村帯刀の家に居候していましたが、どういうわけか、甥っ子の新太郎が、掛川まで小吉を迎えに来ました。 で、道中ハプニングもありながら、あっさり江戸の自宅に帰…

『夢酔独言』 五十一話 婿を捜せ

『夢酔独言』 五十一話 婿を捜せ 夏の暑い盛り、家出した小吉は遠州掛川で居候を続けます。一方、江戸では小吉の女房・信が倒れます。 ある時、江戸から掛川に客人が来ると聞いて、座敷の掃除をする小吉。そこへ、小吉の甥、男谷新太郎が現れます。

『夢酔独言』 四十九話 二度と帰らない

『夢酔独言』 四十九話 二度と帰らない 二度目の家出中の小吉は、三島宿を出て次の宿へ向かいます。「播磨様」を騙って、一人分の料金で大勢人足を雇ったり、駕籠を出させたりと好き放題。 一方、江戸では、小吉が居なくなって大騒ぎです。

『夢酔独言』 四十八話 おれは水戸の使い

『夢酔独言』 四十八話 おれは水戸の使い 二度目の家出中の小吉、箱根の関所を越え、三島宿へ入ります。ところが三島宿では、お代官のお触れで一人旅は宿泊禁止。 困った小吉は、宿の役人相手にハッタリをかまし、タダ飯、タダ駕籠、袖の下(お金)をまんま…

『夢酔独言』 四十七話 七年ぶりの箱根

『夢酔独言』 四十七話 七年ぶりの箱根 21歳になった小吉は、相も変わらずケンカと他流試合に明け暮れ、借金のし過ぎで無一文に。現実逃避に吉原通いを続けていましたが、ついに東海道へ高飛びします。 小田原で懐かしい人に会いに行き、盗んだ金を返して…