マンガで読める『夢酔独言』

マンガで読める『夢酔独言』

勝海舟の父親・勝小吉の自伝『夢酔独言』がマンガで読めるブログです。

『夢酔独言』研究所

岡野家年譜で読み解く隠居後の勝小吉の行跡

マンガ『夢酔独言』上坂編(百八〜百二十二話)では、隠居後の小吉が入江町の地主・岡野家の家計トラブルに介入し、解決に必要な大金を手に入れるため、江戸から摂州へ旅立ちます。 漫画では、このトラブル(以下:岡野家騒動)が起こったのは、発端から解決…

『夢酔独言』における勝小吉の文章力

『夢酔独言』が好き過ぎて、たまに何かのきっかけで「『夢酔独言』のここがすごい!」が噴出するときがあるのですが、今回は『夢酔独言』における勝小吉の文章力について、3つの要素で語りたいと思います。 ※ここで紹介する『夢酔独言』の一節は、平凡社東…

参考書籍

マンガ『夢酔独言』を描くにあたって、特に参考にした資料をまとめました。各本参考ポイント解説付き。 そのうち増えるかもしれません。 ・『夢酔独言 他』 平凡社 東洋文庫138 勝小吉 著 勝部真長 編 ・『夢酔独言 現代語訳「勝小吉自伝」』 PHP研究所 勝部…

勝小吉著・『夢酔独言』とは 冒頭文現代語訳

勝海舟の父親・勝小吉および彼の自伝『夢酔独言』を後世に残すべく延々とマンガ化している当ブログですが、改めまして、『夢酔独言』入門として、原作『夢酔独言』と作者・勝小吉について、冒頭文と現代語訳(意訳)を載せました。これから『夢酔独言』を読…

小吉の居た場所(小吉0~16歳)

小吉の居た場所(小吉0~16歳) 本所、浅草界隈を中心に、江戸の町に生きた小吉。この記事では、『夢酔独言』に出てくる地名を、主人公・小吉の足跡とともに紹介します。 第一回は小吉が生まれてから、14歳で家出し、帰ってくるまで居た場所です。 小吉…

古典初心者でも読める『夢酔独言』入門

古典初心者でも読める『夢酔独言』入門 『夢酔独言』とは・・・勝海舟の父親、勝小吉が、「男たるもの決しておれの真似をしないがいい」と書き遺した自伝。不良ふしだらに過ごした半生を反省すると見せかけて、大半のエピソードがいつの間にか悪行自慢にすり…

小吉の女房

小吉の女房 ドラマ『小吉の女房』1月11日(金)スタート! NHKのBSプレミアムで、『夢酔独言』の主人公・勝小吉の妻、信(のぶ)を主人公にしたドラマ『小吉の女房』が、2019年1月11日(金)20時からスタートします。

『夢酔独言』主人公の勝小吉はどんな見た目だったか

勝小吉のビジュアルを、文献、写真から検証してみました。 マンガに登場する勝小吉像は、イメージです。 ところで、勝小吉の実際の見た目は、どんなだったんでしょう?