マンガで読める『夢酔独言』

マンガで読める『夢酔独言』

勝海舟の父親・勝小吉の自伝『夢酔独言』がマンガで読めるブログです。

マンガ『夢酔独言』目次① 子供編

 マンガ『夢酔独言』一話目と、二~十話がここから読めます。

 原作者兼主人公勝小吉が、0~12歳までのエピソードです。

 短いあらすじ付きで目次をリニューアルしました。

 

 

 

・一話 城を渡す息子と檻の中の父親

 

  慶応四年三月、江戸城無血開城の交渉に挑む勝海舟。その46年前、海舟の父親・勝小吉は妊娠中の妻から引き離され、檻に入れられていた。

 悪行三昧で読み書きもできない小吉は、いかにして自伝『夢酔独言』を書くに至ったのか?

musuidokugen.hatenablog.com

 

  

 

 

・二話 凧喧嘩で頭がへこむ

 

  父親の妾の子として生まれた亀松(後の小吉)は父親の家に引き取られ、5歳になった。

 近所の子供との凧ゲンカの末、一生傷跡が残るケガをする。

musuidokugen.hatenablog.com

 

 

 

・三話  歳をごまかして養子に入る

 

  7歳になった亀松は、男谷家から勝家へ急の婿養子に入ることになった。しかし急養子は、元服しないと資格がない。そこで組頭(くみがしら)との面会で、亀松は17歳のふりをすることに。

musuidokugen.hatenablog.com

 

 

 

 ・四話 あわや切腹

 

  勝家に養子入りし、通称を「小吉」と改めた亀松。大勢とのケンカで追いつめられ、脇差を抜いて切腹しようとするが…。

musuidokugen.hatenablog.com

 

 

 

・五話 百物語・肝試し

  小吉、8歳。ある夜、一家で集まって百物語をして、隣の原っぱに肝試しに行くというイベントを開催します。

musuidokugen.hatenablog.com

 

 

 

・六話八人vs四、五十人

 

  小吉9歳。近所の子供同士のケンカが発展して、8人対4,50人の大騒動に。

 小吉の弟・鉄朔が登場する唯一のエピソードです。

musuidokugen.hatenablog.com

 

 

 

・七話 寒稽古で吊るされる

 

  9歳の時、小柔術の先生に弟子入りする小吉ですが、道場でいたずらばかりして、皆から嫌われてしょっちゅういじめられるはめに。

 冬になり、寒稽古のお弁当に、小吉はまんじゅうを持って行きますが…。

musuidokugen.hatenablog.com

 

 

 

・八話 I want to ride my horse.

 

  10歳になった小吉は、武士の子らしく、乗馬を始めます。遠乗りを禁止する馬の先生に不満な小吉、勝手に隅田川まで馬を走らせます。

musuidokugen.hatenablog.com

 

 

 

・九話 頭の息子をボコボコにして泣かす

 

  11歳の小吉が弟子入りした剣術道場には、いつもいじわるを言ってくる先輩がいた。相手が頭(かしら)の息子であるため小吉も我慢していたが、とうとう堪忍袋の緒を切らす。

musuidokugen.hatenablog.com

 

 

 

・十話 盗んだ金で馬に乗る

 

  信州への赴任から帰って来た兄・彦四郎に学問の塾に入れられた12歳の小吉。学問が大嫌いな小吉は毎日毎日隣の馬場へ馬乗りに行くのだが、馬へ乗るにもお金がかかる。そこで小吉は、手近にある金を盗むことに…。

musuidokugen.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

  十一話からは、14歳の小吉が上方(かみがた=京都方面)を目指して一人旅をする「家出編」です。

 江戸時代の子供の一人旅ですから、案の定苦難がいっぱいです。身ぐるみはがされて無一文になって物乞いをしたり、病気になったり、崖から落ちたり、漁師さんちでアルバイトしたり…。

 乞うご期待!

 

musuidokugen.hatenablog.com