マンガで読める『夢酔独言』

マンガで読める『夢酔独言』

『夢酔独言』がマンガで読めるブログです。

子供編

マンガ『夢酔独言』目次① 子供編

マンガ『夢酔独言』の一話目と、二~十話がここから読めます。 原作者兼主人公の勝小吉が、0~12歳までのエピソードです。 短いあらすじ付きで目次をリニューアルしました。 ・一話 城を渡す息子と檻の中の父親 慶応四年三月、江戸城無血開城の交渉に挑む…

『夢酔独言』 十話 盗んだお金で馬に乗る

『夢酔独言』 十話 盗んだお金で馬に乗る 勝海舟の父親・勝小吉の自伝『夢酔独言』の十話目、小吉が12歳の時の話です。 信州に出張していた兄・彦四郎が帰って来ました。小吉が読み書きもできないことに衝撃を受け、当時最高峰の教育機関であった湯島の聖…

『夢酔独言』 九話 頭の息子をボコボコにして泣かす

『夢酔独言』 九話 頭の息子をボコボコにして泣かす 勝海舟の父親・勝小吉の自伝『夢酔独言』の九話目、小吉が11歳の時の話です。 剣術の先生に弟子入りした小吉。そこで小普請組頭(こぶしんぐみかしら)の息子と相弟子になるが、頭の息子は勝家の収入が…

『夢酔独言』 八話 I want to ride my horse.

『夢酔独言』 八話 I want to ride my horse. 勝海舟の父親・勝小吉の自伝『夢酔独言』の八話目、小吉が10歳の時の話です。 馬が好きな小吉は馬術の先生に弟子入りしますが、幼い小吉には本格的な訓練をしてもらえません。そこで小吉は馬を買い、ある時、…

『夢酔独言』 七話 寒稽古で吊るされる

『夢酔独言』 七話 寒稽古で吊るされる 勝海舟の父親・勝小吉の自伝『夢酔独言』の七話目、前回に引き続き、小吉が9歳の時の話です。 養家の親戚に柔術の先生がいたので、弟子入りをする小吉。初めは大人しくしていましたが、だんだんいたずらを始め、弟子…

『夢酔独言』 六話  八人vs四、五十人

『夢酔独言』 六話 八人vs四、五十人 勝海舟の父親・勝小吉の自伝『夢酔独言』の六話目、小吉が9歳の時の話です。 新しい家が完成して、小吉一家は駿河台から本所へ引っ越します。 ある時、飼い犬同士のケンカから発展して、8人(小吉ほか武家の子供)対4…

『夢酔独言』 五話 百物語・肝試し

『夢酔独言』 五話 百物語・肝試し 勝海舟の父親・勝小吉の自伝『夢酔独言』の五話目、小吉が8歳の時の話です。 深川油堀から引っ越した一家は、駿河台の屋敷を借ります。屋敷のとなりに寂しげな草原があるのを利用して、小吉の父・平蔵は家来もみんな集め…

『夢酔独言』 四話 あわや切腹

『夢酔独言』 四話 あわや切腹 勝海舟の父親・勝小吉の自伝『夢酔独言』の四話目、小吉が7歳の時の話です。 男谷家から勝家へ養子入りした小吉。近所で子供同士のケンカで2、30人を相手に追い詰められ、切腹をすることに…!?

『夢酔独言』 三話 歳をごまかして養子に入る

『夢酔独言』 三話 歳をごまかして養子に入る 勝海舟の父親・勝小吉の自伝『夢酔独言』三話目です。 小吉が7歳の時の話です。 男谷家から勝家に養子に行くことになった小吉。しかし、養子に入るには、元服の年齢に達していないといけません。そこで男谷家は…

『夢酔独言』 二話 凧喧嘩で頭がへこむ

『夢酔独言』 二話 凧喧嘩で頭がへこむ 勝海舟の父親・勝小吉の自伝『夢酔独言』二話目です。 主人公の小吉が、5歳の時の話です。 近所の子供と凧ゲンカをして、負かした小吉。子供同士のケンカになって相手にケガをさせた小吉は、怒った父親に「あたまをぶ…