マンガで読める『夢酔独言』

マンガで読める『夢酔独言』

勝海舟の父親・勝小吉の自伝『夢酔独言』がマンガで読めるブログです。

参考書籍

    マンガ『夢酔独言』を描くにあたって、特に参考にした資料をまとめました。各本参考ポイント解説付き。

    そのうち増えるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

・『夢酔独言 他』    平凡社 東洋文庫138    勝小吉 著 勝部真長 編

 

 

    主人公・勝小吉が書いた稀代の名著であり、マンガ『夢酔独言』の原作

    勝小吉が生まれるいきさつから、42歳で『夢酔独言』を書くまでを、本人の独断と偏見で綴っています。全編口語体

    小吉が若い頃慕った、平山行蔵先生について書いた『平子龍先生遺事』も収録。こちらはずいぶん堅い文章です。小吉が先生を初めて訪ねた時のエピソードや、先生から勉強を勧められて断る話など、マンガに登場するくだりがいくつかあります。

    勝小吉生涯年表や、男谷・勝家の家系図つき。

 

 

 

・『夢酔独言 現代語訳「勝小吉自伝」』    PHP研究所    勝部真長 編訳

 

 

    『夢酔独言』のみの収録。

    初めて『夢酔独言』を読むときは、是非とも原文をおすすめしますが、「読みにく過ぎて途中でやめた!」という方は、現代語訳をどうぞ。

    本所・浅草界隈の地図心影流の系譜などが載っていてお得。字が大きくて、すっきり見やすいです。解説文に、年表家系図といった定番セットももちろん完備。

    勝海舟が両親について記した文章も。

 

 

 

・『氷川清話』 講談社学術文庫1463 江藤淳 松浦玲 編

 

 

    麟太郎編の元ネタは、だいたいここからです。

 勝海舟へのインタビュー形式で構成されています。

 父親・小吉のエピソードも、ほんのちょっぴりですがあります。

 勝海舟に興味・関心はなくとも、人生訓には一読の価値あり。この世のだいたいのことに対して、不安や心配がブッ飛びます。

 『夢酔独言』を読んだ後だと、口調が親子そっくりで、ひっくり返りそうになります。

 

 

 

・『勝海舟』    筑摩書房    松浦玲

 

 

    分厚い本。なだけあって、勝海舟はもちろん、父親の小吉、麟太郎が幼い頃仕えた初之丞様、剣術の師匠・島田虎之助さん、本好き仲間の渋田利右衛門さん、佐久間象山先生など、勝海舟に関わる人物とのエピソードがいっぱい載っています。

 

 

 

・『勝小吉と勝海舟 「父子鷹」の明治維新』    山川出版社    大口勇次郎

 

 

    薄い本ですが、他の資料に載っていない、細かなエピソードが分かりやすくまとめられている、グッド資料。

 

 

 

 

・『F.ベアト写真集1 幕末日本の風景と人びと』    明石書店    横浜開港資料館 編

 

 

    タイトル通りの本。背景写真が充実しています。

    最初見た時、「ちょんまげの人の写真って、現存してるんかい…!」と衝撃を受けました。

   あと、 東海道の木がめっちゃデカいです。

 

 

 

・『新版 写真で見る幕末・明治』    世界文化社    小沢健志

 

 

    こちらは、人物の写真が充実しています。

    120ページに、磔(はりつけ)と晒し首の写真があるので注意。

 

 

 

・『勝海舟関係写真集』    出版舎 風狂童子    森重和雄 高山みな子 三澤敏博

 

 

    写真から銅像まで、さまざまな勝海舟が網羅されています。

    年表・家系図はもちろん、赤坂氷川の勝邸の間取りや、ゆかりの地の解説もあり、重度の勝海舟ファンなら手元に置いて損はない一冊。